コピーライティングコースで学んでいるパソコンの様子

希望が湧いてきている男性
商品やサービスの売上げを伸ばしたい!
希望が湧いてきている男性
広告の反応率をもっと上げたい!
自信がない男性
でも文章書くセンスがないんだよなぁ...


あなたはこのように思っていませんか?

 

オープンイノベーション大学学長のヒロさんは、「コピーライティングは文章力がある人より、文章に自信がない人の方がうまくいくこともある」と説明しています。

 

文章力に自信がない人の方がうまくいくってどういうこと?と思いますよね。

 

その理由とコピーライティングのコツがわかるのが、学び放題@LINEにある「コピーライティングコース」です。

 

今回は現役Webライターの僕が、文章に自信がない人でも本当にコピーライティングはできるようになるのか?実際に受講してみた感想を紹介します。

コピーライティングコースの受講に向く人

コピーライティングコース(以下本コース)の受講に向くのは、以下のような人です。

コピーライティングコース講座の受講に向く人
  • 自分の商品やサービスを持っている人
  • 広告制作会社に勤めるクリエイター
  • 営業マンや販売員、マーケッター
  • 掛け合わせのスキルを探している人(SEOライター、Webデザイナーetc)
  • 将来的に商品販売やサービス提供をしたいと思っている人

商品やサービスの訴求、販売に近い位置にいる人全般に、おすすめできる講座です。

コピーライティングコースで学べること

本コースは全部で20講座あり、学習時間の目安は12時間。講座の内容は大まかに以下の通りです。

 

  • コピーライティングで得られるものとは
  • コピーライティングのマインドセット
  • キャッチコピーの作り方
  • 信じない壁を突破する方法
  • 行動しない壁を突破する方法
  • 売れる文章テンプレート

 

コピーライティングの技術を使い、これまでさまざまな実績を上げてきたイノベ大の学長、ヒロさんが講師です。

 

講座の見どころをいくつか抜粋して紹介します。

そもそもコピーライティングとは何かがわかる

いきなりテクニックの話で始まらず、初心者の人でもわかるように、根本的な解説から始まるのが本コースの魅力のひとつです。

 

ちなみにコピーライティングを簡単に言うと、広告宣伝用の文章を書くことです。

 

コピーライティングを学ぶとは、商品やサービスを売るための言葉の力や人の心理のメカニズムを学ぶということです。

 

活用される場所は、Web広告やLP、メルマガ、チラシなどさまざま。

 

また、文章に限らず、人間関係の構築に応用できるスキルでもあります。

コピーライティングを学ぶ必要性がわかる

人は商品やサービスを買う時に、機能を買ってるわけではなくて、感情を買っている

とヒロさんは言います。

 

例えば単に時間の確認がしたいだけの理由で、1本100万円する腕時計は買いませんよね。時間が見たいだけなら、スマホでもいいわけですから。

 

  高価な腕時計をして優越感に浸りたい
  みんなからすごいと言われたい

 

こういった欲求を満たすために、購入に至るわけです。

 

機能の紹介よりも、人の心理のメカニズムを理解して、感情を揺さぶる訴求の方が効果的だということがよくわかります。

コピーライティングは文章力ではないことがわかる

リサーチをしているパソコンの様子

コピーライティングは文章力がある人より、文章に自信がない人の方がうまくいくこともある

 

と説明されていますが、その理由のひとつは、うまい文章を書こうとする必要がないことにあります。

 

コピーライティングはリサーチした情報を元に書くことが大切で、リサーチが肝。書く前にクオリティは決まります。

 

文章力に自信がある人はリサーチはそこそこに文章を作り、文章力に自信がない人は念入りに調べてから作るため、後者の方が反応がいいこともあるわけです。

 

では、どうやってリサーチをすればいいのか?

 

リサーチに必要な要素や、誰でも使える無料リサーチツールの紹介もあります。

コピーライティングに必要な要素がわかる

コピーライティングに必要な要素やテンプレートがわかります。

  • キャッチコピー
  • ベネフィット
  • USP
  • オファー
  • 問題提起
  • 証拠の提示
  • 権威性
  • リスクリバーサル
  • 希少性、限定性
  • 締め切り
  • フューチャーペーシング

など、さまざまな要素の紹介があり、タイトルに入れると注意を引ける言葉や表現方法の具体例も紹介されます。

 

また、どんな画像を使うといい反応がとれるのか?アイキャッチ画像の重要性についても解説があります。

マーケティングについても一部学べる

マーケティングについて学んでいる男女


本コースでは3C分析(顧客、自社、競合他社の分析)や、ペルソナ(商品やサービスを使う典型的なユーザー像)の話が出てくるので、マーケティングの知識も一部学ぶことができます。

コピーライティングコースを受講した感想

小手先のテクニックに終始するのではなく、人の心理のメカニズムを元に、必要な要素や考え方が学べるのは有意義だと感じました。

 

冒頭にお伝えした

 

希望と質問が湧いてきている男性
文章に自信がない人でも本当にコピーライティングはできるようになるのか?

 

については、可能だと思います。

 

文章に必要な要素や、反応が良くなる表現の具体例の紹介がありますし、何よりこの講座を見た後に広告やLPをみると、構成に使われている要素や意図がわかるので、クリエイティブを模倣することができるようになります。

 

完全に真似をするのはNGですが、参考にして表現を変えて使うのはOKですからね。

 

この講座を通してコピーライティングの原理原則が理解できれば、文章力がなくても、いいコピーは作れるようになるでしょう。

まとめ

マーケティングを学びながらコピーライティングをしている様子


今回は「コピーライティングコース」を受講してみた感想と講座の内容を紹介しました。

 

本コースのマイナス面を挙げるとすれば、自分で作ったコピーのフィードバックが得られないことです。

 

学んだ内容を元にキャッチコピーを作ってみたけど、これがいいのか悪いのか、自分1人では判断できないのが難しいところ。

 

でもそんなマイナス面も解消できるのが、オープンイノベーション大学の魅力です。

 

コピーライティングは不定期で無料セミナーや合宿での勉強会も開催しており、そこに参加すれば講師に質問をしたり、他の受講者と意見交換をしたりすることもできるからです。

 

無料でここまで学べる環境はそうありませんからね。興味がある人はぜひ参加してみてください。

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

 

オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

 

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

IT社長養成学校のセミナーの様子

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

 

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事